maurumx’s blog

好きなマンガ、ライトノベル、小説、一般書、ラグビーについての感想を書いていきます。

人生を面白くする本物の教養 読書 感想

人生を面白くする本物の教養 出口 治明 幻冬舎新書

 

「教養」という言葉に惹かれて読みました。なぜ、「教養」という言葉に惹かれたかというと、自分には「教養」があるとは思えないからです。

 

著者が考える教養は、「人生をおもしろくするための手段であり、自分の頭で物事を深く考え、自分の意見を言えるようになることで身につくものだ」と思いました。

 

物事を深く考えるための方法として、「タテ」と「ヨコ」の考え方、数字を使って考える、常識を疑う等について教えてくれます。

 

時事問題、英語につい等の著者の捉え方はとても面白いです。ここを読むだけでも参考になります。

 

また、「まえがき」でココ・シャネルの言葉が紹介されています。この言葉が素晴らしいです。