maurumx’s blog

好きなマンガ、ライトノベル、小説、一般書、ラグビーについての感想を書いていきます。

地平線を追いかけて満員電車を降りてみた 自分と向き合う物語

地平線を追いかけて満員電車を降りてみた 自分と向き合う物語 文響社 紀里谷和明


先日、感想で書いたyoutubeで紹介されていた本です。読んでみました。

 

翔太、優子、瞬、茉莉が劇場の支配人と話すことで、大切な考え方に気づいていくお話です。会話形式の本のためか、読みやすく、頭に入りやすく感じました。

 

「スローガンというのは危険です。固定化された言葉は、「自分で考える」という行為を奪いますから」という話がありました。考えたことはなかったですが、確かに説得力のある話し手から、受け入れやすい「スローガン」が発せられた場合、考えずに受け入れてしまうことがあると思います。気をつけようと思いました。

 

「夢を持たなければ」「何者かにならなければ」「自分らしくなければ」「毎日を有意義に過ごさなければ」という「ねば」「べき」は雑音という話がありました。「本当にやりたいこと」を遠ざけてしまう、わからなくしてしまう雑音であるということを認識することが大事である。難しいけどそうなんでしょうね。

 

周りに振り回されないためには「子供のこころ」が大切で、「子供のこころ」が思ったことは本当にしたいことではないかとのことでした。

 

子供や養うべき人がいるなど家族の生活を守る必要がある人には難しい内容もあると思いますが、とても面白い本でと思いました。

 

また、巻末にあった紀里谷和明さんのプロフィールによると、宇多田ヒカルのミュージックビデオを作った人でした。YouTubeで久々に宇多田ヒカルを見てみました。才能豊かな方ですね。

書籍「地平線を追いかけて満員電車を降りてみた」のyoutube(学識サロン)を見た感想


www.youtube.com

書籍「地平線を追いかけて満員電車を降りてみた」のyoutube(学識サロン)を見た感想 紀里谷和明

 

内容は、悩んでいる人が、劇場を経営している支配人と話をして解決していくストーリーとのことです。

このyoutube作成の 学識サロンのまーさんは、この本を一言で言うと、「自分と向き合える本」、内容のキーワードとして、①バカにしているのはあなた自身 ②将来どうありたい ③ 大人の心と子供の心 と紹介しています。

「①バカにしているのはあなた自身」とは、他人はあなたのことをほとんど気にしていないのに、気にしているものと思い悩んで苦しんでしまい、それが自分で自分をバカにしているということです。他人に振り回されるなということだと思いますが、振り回されてしまうというか、気にはしてしまいますよね。

「②将来どうありたい」は子供に対する問いかけてみようと思いました。

「③大人の心と子供の心」は悩んだ時に思い出してみることだと思いました。

 

10分以内の動画で、簡潔でわかりやすく紹介されています。読んでみたいと思います。本はストーリー展開で進むということなので読みやすそうです。

 

人間観察 極めたら悩み消えた 読書 感想

人間観察 極めたら悩み消えた くらはしまやこ すばる舎

 

題名に惹かれてamazon unlimited で読みました。

人の性格にはタイプが9つあり、その見分け方やタイプの解説があります。ちょっと覚えきれないと思ってしまいました。また、タイプは一つだけでなく、他のタイプもいくつか持ち合わせています。自分のタイプだけでもチェックしようと思います。chapter6で、性格の見分け方の質問があります。私はタイプ6(意識は未来と過去とを行ったり来たりしている)でした。最初は、「そうなの」と思いましたが、タイプ6のところを読んでいると、「そうなのかな」と思いはじめました。時間があるときに読み返そうと思います。

育成スキルはもういらないと勇者パーティを解雇されたので、退職金代わりに【領地】を強くしてみる 14章 感想

育成スキルはもういらないと勇者パーティを解雇されたので、退職金代わりに【領地】を強くしてみる 14章 ザハルベルトより 作者 黒おーじ 「小説を読もう!」より

 

前話で、エイガは奇跡の5人の活動が滞っていると聞き、エイガは心配します。その理由が、誰かの病気とかではなく、それぞれの活動が忙しかったことに、エイガは安心します。

 

今回は、ティアナが中心の話です。ティアナは予言庁で大賢者エルを手伝います。

予言の内容は、魔王級の出現が増加することで、ギルドの本部で発表する。魔王級の増加に対処するため、S級冒険者を増やす必要があること。その冒険者として、ティアナはエイガの領地のパーティを推薦します。

その推薦を面白しらくない者、邪魔したい者の思惑がるなかで、エイガの領地がS級への道筋をつける話です。

女忍者の華那子も活躍します。

 

女忍者の華那子は、今はエイガのために動いているようですが、忍者の里?はだれの意向で動いているか気になりました。

 

クロスとティアナの会話のシーンがあります。クロスのティアナへの気持ちが報われないようですが、クロスがいい勇者で、いい奴なのは感じました。

歴史を変えた10の薬 読書 感想

歴史を変えた10の薬 トーマス・ヘイガー すばる舎. Kindle

 

アヘン、ワクチン、抱水クロラール、ヘロイン、特定の病気に効く薬、向精神薬、避妊薬、鎮痛剤、スタチン、モノクローナル抗体についてのお話です。それぞれ、作成(見つかった)経緯から、普及、問題点を教えてくれます。とても興味深い内容でした。

 

アヘン戦争の話で、清はイギリスにアヘンの合法化を迫られたが、清の第八代皇帝の道光帝は拒んだということです。合法化に伴い発生する利益を一部与える話を道光帝はされたようですが、国民を守るために受け入れなかったそうです。非合法に持ち込まれ、国は荒らされましたが、気骨のある皇帝と思いました。

 

ワクチンの話の中で、「科学の世界の名声は、最初に概念を思いついて人ではなく、それを世の中に信じさせた人が得るものだ」という言葉がありました。私が小学生の時に、ある友達がつぶやいた面白い発言を、近くにいる別の友達が大きな声で言って、笑いをとり、大きい声で言った友達が面白い奴だと思われていたことを思い出しました。発信力、アピールは大切ですよね。

 

読むのに時間がかかりましたが、面白い本でした。

リケイ文芸同盟 書籍 感想

リケイ文芸同盟 向井湘吾 幻冬舎

 

主人公は数学科出身の純粋な理系人間です。その理系人間の主人公が出版社で働きます。出版社で働く人のイメージはどちらかというと感性があるひとが働いているイメージで、理系ぽくなく思います。理系の主人公が、理系の思考(統計)でヒット作の企画したり、理系的な考えを理解する人・しない人、同僚との恋の話が描かれています。恩師の教授がいいことをいってくれます。

メヌエンヌ素数が出てきましたが。使う機会はなさそうですが知識として覚えておきたいと思いました。主人公が統計を駆使している場面が、数式は理解できませんでしたが面白かったです。、編集部であるクレームの話が印象に残りました。

サクっと読める作品でした。

理屈はいつも死んでいる 書籍 感想

理屈はいつも死んでいる 高原慶一朗 サンマーク出版

 

ユニ・チャームを設立した方が書いた本です。

 

著者は、「生きた現場をノートに書き留める」ことを習慣としています。会社の内外を問わず、経営の現場、商品開発から人材育成、アイデア、情報、「これはいいな」と思った言葉ややり方など、とにかくその「現場」を大学ノートに書き留めます。700冊以上になっています。

 

ユニ・チャームの設立の話、紙おむつへの参入の話、商品の使用感覚を自分で感じるため身につけてセールスに行く営業員の話、油断やおごりのために開発に出遅れた話など興味深い内容です。

 

また、著者の仕事観「仕事を好きになる能力」はその通りだと思いす。仕事を好きになれれば幸せだと思いました。